育毛剤選びに迷っているならブブカがお勧め

若年層に多い薄毛の症状

男の人

後退した原因と治療法

前髪の生え際の両端が徐々に後退することで、アルファベットのように見えるM字ハゲは、日本人の若年層に多い薄毛の症状です。鏡で毎日確認していると、徐々に後退していても気付きにくく、発見が遅れがちなタイプとなります。また、まさか自分がハゲてきているなどとは思わないからか、薄くなったとは思いつつもM字ハゲであることには思い至らないという問題もあるでしょう。M字ハゲになる原因は大きく3つあるとされ、それぞれの原因で治療する方法が異なってきます。最も多いのがネットでも名前を見ることの多い男性型脱毛症、別名AGAで、男性ホルモンのDHTと呼ばれる物質が毛乳頭細胞でヘアサイクルを狂わせることで脱毛を促進させます。次は生活習慣で、睡眠不足や偏った食事による栄養不足、頭皮の荒れにストレスなど、毛髪が成長しにくい状態に陥ることでハゲを促進させます。最後は原因として語るのが難しいですが、親の優性遺伝によって毛乳頭細胞が弱くなるというものです。親がハゲていると子供もハゲると言われたこともあるかもしれませんが、その言葉通りに遺伝によって抜け毛が起こります。M字ハゲの治療方法は、AGAなら育毛剤などを使用して、原因物質を抑制することが重要になります。また、髪の毛を作るのに有効な栄養素を積極的に摂り、適度な運動で汗を流すのも効果的です。生活習慣が原因の場合は、十分な睡眠やバランスの良い食事など、規則正しい生活をすれば自然と回復していきます。遺伝に関しては確実な治療法はないので、医師に相談するなど医学的な治療法を試してみるのも良いかもしれません。